欧米よりも安く留学

男女

欧米へ留学するよりも格段に安い費用で英語力を高めることができると評判なのが、セブ島留学です。セブ島は世界有数のビーチリゾートとして知られ、リゾート気分を味わいながら語学の勉強に励むことができると利用者からも評判です。それでいて留学費用は欧米の半分以下で済ませることができるため、最近では大学生や高校生の留学生が増えているのです。セブ島の語学学校では、基本的にテキストを中心としたマンツーマンでの指導を受けることになります。欧米でマンツーマンの指導を受けるとなると費用はかなり高いですが、人件費の安いフィリピンではマンツーマンで質の高い指導を受けられるのが魅力です。毎日みっちりと英語を学べる環境が整っています。

TOEICのスコアがアップ

どちらかと言えば、セブ島留学は初心者よりも中級者以上を対象としていると言えます。ある程度英語を理解することができれば、そこにマンツーマンレッスンを受けることで飛躍的に実力を伸ばすことができるのです。マンツーマンレッスンでは、生徒のレベルに合わせてテキストに従ってレッスンを受けることになります。朝から夕方までみっちりと授業が詰まっているので、集中して英語を学ぶ環境が整っていると言えます。実際、セブ島留学を終えて日本でTOEICの試験を受けたところ、150点から200点近くアップしたという人が続出しています。ある程度実力のある人なら、欧米で留学しなくてもみっちり英語を学べます。

留学生にアジア人が多い

セブ島留学の特徴としては、アジア人留学生が大半を締めているということにあります。台湾や韓国、それに、中国からの留学生が大勢セブ島で英語を学んでいます。実際、日本や韓国資本の語学学校が多いことから、日本人や韓国人向けのカリキュラムが大多数を占めているのです。また、フィリピンは他のアジア諸国よりも物価が安いため、安く効率的に英語を学びたいというアジア人の学生たちがセブ島留学に来ているのです。語学学校には学生寮が併設されているので、そこで生活をしながら英語を学べば、他の留学生とも知り合う機会が得られます。セブ島は世界的に有名なビーチリゾートということもあり、休みの日には留学生と一緒に小旅行へでかけたりするなど留学の思い出を作ることができます。寮生活では異文化を体験するのに適した場所であることから、自分の知らなかった国に対する知見を深める良い機会になります。寮生活が留学中の良い思い出になるでしょう。

広告募集中